ごあいさつ

価値を生み出す、よろこび

 めまぐるしく変化する時代、杉原エス・イー・アイは技術の変わらない価値を求めて、常に最先端の領域に挑んできました。1973年、電話交換機の組立工場として設立後、設計・製造の両面から通信機器の電子化技術に取り組み、独自技術の蓄積に努めてまいりました。最先端の実装技術も評価を頂いております。

 設計部門では、ソフトウェア・ハードウェアの総合技術力を駆使し、顧客第一主義の設計思想のもと、さまざまな分野の製品開発に取り組んでおります。これらの製品はその技術的な価値がお客様から高い評価を得ており国の設備としても設置されております。

 製造部門はエレクトロニクス・マニュファクチャリング・サービス(EMS)事業を中心とする一貫生産体制(開発、設計、資材調達、製造、試験、検査)を確立しています。ここから生み出される製品は、通信機器をはじめとするIT産業、自動車産業、アミューズメント産業など多彩な分野でコア機能として幅広く利用されております。

 杉原エス・イー・アイはこれからも技術の最高レベルを追求し、お客様に最高の製品とサービスを提供していきたいと考えております。